So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

炭火の友0806号 「低温焼成ローストビーフ」 [アウトドア クッキング]

先日のクックオフの時に横浜ロイヤルパークホテルの牧野シェフが「私たちはローストビーフを焼く時に90℃で2,3時間焼きます」と言っていたの聞いてびっくりしました。いろんな本を読んで、大体220℃で1時間くらい焼いていたのに、そんな低温でじっくり熱を染み込ませていくからホテルのローストビーフはあんな綺麗なピンク色なのかと目からうろこが落ちる思いでした。
そこで今回はさっそく挑戦です。
用意するもの
牛肉の塊(写真で1Kg)、ニンニク、ショウガ、香味野菜なんでも、タコ糸、塩・コショウ
IMG_0001.jpg
1、タコ糸で肉を縛り、塩・コショウ。フライパンで全面に焼き目をつけます。
  付け合せはジャガイモととうもろこし、スキレットに入れて弱火で30分。イモはもうちょっと。
IMG_0002.jpg

2、香味野菜、ニンニク、ショウガを適当に切って肉の周りにおいて焼きます。今日は本当に家の中にあったものだけなので少ないです。
ウチのオーブンは100℃が最低だったのでそれで2時間。途中で一度、上下をひっくり返しました。
3、出来上がったら、取り出して肉汁が落ち着くまですこし放置。
IMG_0003.jpg
4、その間にソースを作ります。受け皿にたまった肉汁に醤油と赤ワイン、コショウを足して味を調整しながらひと煮立ちさせれば出来上がり。
5、中は見事なピンク色に出来上がり。時間はあと30分くらいやっていても良かったくらいです。
IMG_0004.jpg
お好みの厚さに切って召し上がれ。今回は超分厚く切り分けてステーキ風に食べました(^^)V

翌朝のローストビーフサンドイッチはお約束ですね。
IMG_0001_1.jpg
2011/7/24追記です。 昨日、温度と時間を変えてやってみました。同じ1Kgのモモ肉で110度で表70分、ひっくり返して60分。 DSC00651.JPG 結果は・・・ DSC00652.JPG 火が少し入りすぎたようです。ホテルで出てくるようなきれいなピンクのグラデーションにしたくて、外側を長めに焼いてみたりしたのですが。温度は100度で時間長めが正解かもしれませんね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0