So-net無料ブログ作成
検索選択

帝国軍、襲来! [SAAB 9-3 Aero 2.0TS]


 会社でのある昼下がり、マウスを振った拍子にグーグルサイドバーがピョコッと出てきました。普通はポインターをそらして仕事を続けるのですが(本当か?)、その中の写真の欄に、普通ならハードディスクの中にある映像なのに、見慣れないような、見慣れたような写真があるではないですか?よく見ると、それは皆さんおなじみ、「シュコー」でした。クリックしてみるとインプレス-TVの車紹介コーナーの「SAAB95エアロ試乗レポート」の一場面でした。
http://impress.tv/im/article/apt/
このページの6月22日に10分くらいのコーナーで載っています。
乗ってる人も言ってました
「このメッキモールでふちどられたフロントデザインは好き嫌いの分かれる所でしょう」と・・・


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

シャレじゃないよね(^_^;) [SAAB 9-3 Aero 2.0TS]

 本日、Saab-i Digital Newsletterが来ていました。ご希望の方は以下からどうぞ。
http://www.saab.com/main/GLOBAL/en/saabi_unsubscribe.shtml
でも言いたいのはそんなことじゃなくてHTMLメールの中にあのド派手なパフォーマンスをするsaab Performance Teamの紹介があったんです。

で、そのリンク "watch the movie"からタイトルを見てみると

See Saab performance taken to bold new heights.
「見よ、サーブのパフォーマンスは、峻烈で新たな高みへ」というような、意味だと思いますが、ドライバー連中の頭を見た後では"bald"(禿げ)の間違いじゃないかと思えてしまいます。
真ん中の人も新たな禿げの高みを目指してしまうのでしょうか(T_T)/~~~


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:自動車

信じてください、私は見た・・・ [SAAB 9-3 Aero 2.0TS]

何かというと、9-3スポーツコンビのTV-CMです。もう少し前になってしまいますが、日本GMがナショナルスポンサーでサーブのCMをする訳も無く、TVKローカルでたまたまHDレコーダーに録画していた番組の中に入ってたんです。

海外のCMと同じだと思うのですが、街中や、郊外で飛行機の音がして、人や牛が空を見上げますが、実はその脇を9-3が駆け抜けて行く、というストーリーです。

余分なアフレコは無しですが、センスが感じられます。

スポンサーは横須賀ヤナセでお送りしました(^_^)


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:自動車

アウトドアでちょっとお洒落にシャンパン、なんてね(^^) [OUTDOOR]


 これ、何だか分かりますか?
組み立て式のシャンパングラスです。

 前々回のアウトドア編の苺シャンパンにも登場しています。

 素材はレクサンというポリカーボネートで非常に軽くて丈夫です。ピクニックなんかの時にも、これがひとつ、じゃなくてふたつですね(^_^;) あると一味違うアウトドアになりますよ。


タイヤのハミ出しチェック♪ bigfoot編 [SAAB 9-3 Aero 2.0TS]

 
 さてさて、goodさんとヤスヤスさんの提唱で始まりましたこの企画、天気とカメラマンの腕が悪いのでいまいち、見づらいかもしれませんが、どうかひとつ。
ホイールメーカー、品名、サイズ×リム幅、オフセット
SAAB純正 3スポークダブル 17×7
◆タイヤのメーカー、品名、サイズ
ミシュラン パイロットプライマシー 215/45ZR17
◆ハミ出しについての想い
そーかー、それでリアバンパーのサイド部分が汚れるんですねー(ーー;)
◆タイヤの真横から撮影した写真


◆ついでにタイヤの正面から撮影した写真


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(2) 
共通テーマ:自動車

勝訴!・・・でも控訴中 [SAAB 9-3 Aero 2.0TS]


 今日、ヤナセ○○○サービスに朝入庫、夕方引き取って帰ってきました。結果は昨年、交換したDIモジュールが対策品だったので、交換はせずに黄色い丸ポチをされたのみでした。返金については、その時、払った部品代と工賃のみ約40,000円は後日、払い込みしますというものでしたが、それ以外にかかった
・不動、テスターにて点検診断 ¥4.500-
・点火モジュール点検故障診断 ¥2.700-
合計¥7.200-は、GMから返金対象にはならないと言われたとの事でした。
 帰ってきてから納得できずにGMのカスタマー・アシスタンス・センターに電話すると応対に出たオペレーターが、クレームは関係部署に伝えるが、その部署がヤナセに対応すると伝えた金額以外は返金できないので納得してほしいだと・・・(-"-) 納得できないと言っても、同じ言葉を繰り返すのみ。ただ、クレームを伝えるだけの伝書鳩が、納得して欲しいとオウムの様にただひたすら繰り返す、あほらしくなって、後日、ヤナセ経由で説明をもらうことにしました。
 そもそも、今回のリコール騒動、アメリカではとっくにリコールがなされていたもので、それを日本GMが引き伸ばしていた訳です。リコールが何時だったかは、はっきりと知りませんが、日本GMが早期に対処していれば、余計な診断料も発生しなかった筈。それ以上に粗悪な部品を使っていたことにより、使用者に金・時間の損害をかけたにも拘らず、そこは保証できませんとは、他のブログ、コメントにもあった日本GMの姿勢に対する不満が理解できました。サーブは愛していても、その輸入元?は悲しいほど愚劣です。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:自動車