So-net無料ブログ作成

炭火の友1012号 「牛鍋」 [アウトドア クッキング]

明治時代の人たちは、こんな美味い物をおっかなびっくり、食べていたんでしょうかね?

用意する物
厚めの牛肉(ステーキ肉なんかでも可)、長ネギ、白菜、セリ、椎茸、エノキ、焼き豆腐、白滝、卵、うどん
八丁味噌、白みそ、コチュジャン、酒、砂糖、出し汁

レシピ
1、野菜は普通のすき焼き用に下ごしらえします。白滝はアクを抜いて準備。肉は厚さ次第ですが、一口程度に切っておきます。

2、味噌を作ります。八丁味噌8に白みそ2位の割合で混ぜて、コチュジャンは0.5位で良いと思います。そこに酒と砂糖を味とゆるさを加減しながら、混ぜていきます。
DSC00044.JPG

3、スキレットに野菜を並べ、上に牛肉を置いて、出汁を注ぎます。この時、あんまり多く入れると、味噌がいくらあっても足りなくなるので、少なめに。真ん中に味噌を乗せて点火。
DSC00048.JPG
4、例によって、出来上がりの写真が無いんですが、溶き卵につけて、召し上がれ。締めにはうどんですね。

おや、スキレットの下はiwataniのマーベラスでは無いですか?ええ、上がスキレットなので、アウトドア仕様で作ってみました(^^ゞ

今回、気が付いたんですが、スキレットとマーベラスの組み合わせは保温性と燃焼効率からか、ガスの持ちが違います。使いかけの一本をセットして始めたんですが、時間差で2回作ったにも関わらず、最後まで持ちましたからね。アウトドアでも期待できそうです。

それと、写真ですが、今までのIXY10だったら、フラッシュを焚いていたシーンで、今回のDSC-WX5はフラッシュを使う事は全く無かったし、シーン認識の「料理」も見た目に近い感じで撮ってくれてます。満足。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 3

コメント 2

猿乃會・倉元

「Iwataniマーベラス」まず、名前がいいですね!
イギリス製のリールで「パーフェクト」というのがあるけど
どちらも名前負けしないクオリティの高さがあります!

by 猿乃會・倉元 (2010-12-15 12:57) 

bigfoot

倉元
昨日もアウトドアでオイルフォンデュに活躍しましたよ。でも、普通の串焼きみたいに刺したら、6インチのDOでは長すぎて、全部浸かりませんでした(>_<)
by bigfoot (2010-12-19 21:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0