So-net無料ブログ作成

炭火の友0812号 「ちりとり鍋(スキレット版)」 [アウトドア クッキング]

いよいよ鍋の季節でございます。
何か、目新しい鍋と思い、探していたらちりとり鍋というのに当たりました。食べて見て修正したレシピです。

用意するもの(4人前)
モツ(一人当たり150~200g)、キャベツ、玉ネギ、長ネギ、モヤシ、ニラ、キムチ、絹ごし豆腐、好みできのこ類、うどん
味噌ダレ
味噌100g、白味噌100g、おろしニンニク4片分、おろしショウガ2辺分、おろしリンゴ半分、ゴマ油小さじ2杯、甜麺醤少々、コチュジャン少々、切り胡麻
スープ
水1L、鶏がらスープの素大さじ2
IMG_0001_1.jpg


作り方
1、ボウルに味噌ダレの材料を全部入れて混ぜます。
2、味噌ダレにモツを入れて、良く混ぜ、もみこみます。
3、野菜を下ごしらえ、まずはスキレットの真ん中に肉を平たく置きます。その回りに厚めに切ったタマネギを並べ、真ん中付近に豆腐、キャベツ、長ネギ、もやし、ニラ、キムチをうずたかく(ここで「フルヘッヘンド」というオランダ語を思い出す人は大分、古い教科書で習った人でしょう(>_<) 積んでいきます。
IMG_0002.jpg
4、スープを注ぎいれ、点火。だんだん野菜を広げていって全部、火が通れば出来上がり。
5、締めにはうどんや、餅もいけそうです。

IMG_0003.jpg
出来上がりが無くて、つっついた後の絵で<(_ _)>

今日は牛バラ、豚バラ、モツを用意したのですが、やっぱり味噌にはモツが良く合います。モツだけで全然OKでした。元々はチリトリみたいな格好の鍋で作った事から名前がついたそうですが、それは鉄板を曲げて作った物で、やっぱりスキレットの保温性と言うか、土鍋にも匹敵する保温性ではダンチ(段違い)でありましょう。
尚、今回は2回に分けて作っていますので上記の分量をいっぺんに入れると、流石に12インチのスキレットでもこぼれると思います。ご注意を。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0