So-net無料ブログ作成

炭火の友0811号 「焼きリンゴ」 [アウトドア クッキング]

ダッチオーブンを使った焼きリンゴの作り方をひとつ。

用意するもの
リンゴ(紅玉など酸味の強いもの)、シナモン、ラム酒、砂糖(三温糖などが良いと言いますが、使った事ありません)、レーズン、バター
IMG_0002.jpg
1、リンゴの芯をくりぬきます。「外人」は不器用で専門の料理道具をいろいろ作りますが(ニンニクの皮むき器とかね)、芯を抜く時は、芯抜きを使うと便利ですね。くれぐれも底を破ってしまわないように。

2、穴にレーズン、砂糖、シナモンを順番に詰め、その上からラム酒をふりかけ、最後にバターで蓋をします。その後、リンゴをアルミホイルで上部を開けてくるみます。

3、ダッチオーブンの下にクッキングペーパーを敷き、出来れば網を敷いてその上にリンゴを並べます。

4、下火を弱め、上火を強めにして30分。出来上がりは竹串を刺して下まですっと通れば出来上がりです。

お子さんがいるキャンプなんかでは、昼の内に生クリームと砂糖を500ccの空いたペットボトルに入れて思いっきり振ってもらいます。あまり振りすぎると分離してしまうのでその辺は大人が様子を見つつ、出来上がったら、トントンしてクリームを下の方に集めて置きます。焼きリンゴが出来上がったら、ペットボトルを真ん中辺からナイフでぶった切ってスプーンで焼きリンゴに載せて召し上がれ(^_^)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0