So-net無料ブログ作成

これは何かと問われれば・・・ [物・モノ・MONO]


ベン、ベンッ!
入れ子のようで入れ子でない・・・
達磨のようで達磨でない・・・
果たして、その正体は・・・「フレーバーシェイカー」と申します。

これはお料理番組で有名らしいジェイミー・オリバーと言う人が考えた物で、イギリスでは発売直後に20万個が売れたそうです。でも、結構高くてビックリですが。
http://www.i-kitchen.jp/main/product_info.php?products_id=2025
真ん中から開くようになっていて中には結構、重いセラミックのボールが入っています。これが、シェイカーの内側の曲面に沿って転がりながら、ハーブやスパイスを砕き、混ぜていきます。食卓でシェイクすることによって、出来立てフレッシュな各種シーズニングだの、ドレッシングだのが完成するわけです。

この日、ロイヤル・パーク・ホテルのシェフたちは、フルール・ド・セル(塩)をベースにピンクペッパーや、胡麻、カレー粉などを混ぜた塩3種類と、オリーブオイルにローズマリーや、ディル、ニンニクなどをいれてシェイクしたドレッシング1種類を作ってくれました。

シェフはブツブツ言ってましたが、頭の所が平らじゃない為、サーブする時には上半分をひっくり返して置いておけない=ドレッシング類が上蓋部分がこぼれてしまうのだとか。「全く、外人の考えることは・・・・」


 これをスキレットで外カリッ、中ジュワーに焼いた、牛、地鶏、ラム、鯛につけて食べた時には天にも昇る心地でしたね\(^o^)/

クックオフの最後にこれが6個当たるじゃんけん大会があったんだけど・・・全敗でした(T_T)


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 7

ははあ・・・・それでポチッと押してしまったんですね・・・・(^^
by (2007-05-27 12:27) 

bigfoot

ヤスヤスさん、
違うんですよ(^^ゞ

多分、このネタは順調に行けば6月中旬の土日にご報告になると思います。すみません、もう少し引っ張らせてください(^_^;)
by bigfoot (2007-05-27 12:58) 

good

最近、「キッチン・ダッチオーブン」という物に興味深々です・・・
by good (2007-05-28 12:52) 

Hazy

『SAAB 9-3 TSエアロ』を探すべくフラついていたら、Bigfootさんのブログを発見したので、ソフトランディングしてみました。

『'00 9-3 SEカブリオレ(白)』で、現在12万8千kmを突破したところです。いたって快調ではありますが、いささかボディーが緩くなってきっました。
家族構成の都合もあり、『'01 SAAB 9-3 TSエアロ』を探している最中です。が、流通している台数が極端に少ないためにご縁に恵まれず、ついに先日発売された『CarMagazine』のBazarに「買います」の記事を掲載してもらったところです。

すでにエアロのオーナーとなっていらっしゃるBigfootさんにお訊ねしてみたいのですが、エアロの乗り味ってのは、いかがなものなのでしょう?
「轍では直進することすら困難」「下品なトルクステア」「時代錯誤なドッカン・ターボ」・・・この程度の悪評で尻込みするボクではありませんが、気になる女の子の性格くいらいは、知っておきたいのが男心♪

お時間があるようでしたら、ぜひともご教授くださいませ。
by Hazy (2007-05-28 18:09) 

bigfoot

goodさん
キッチンオーブンは普段使いに良いですよ。LODGEというアメリカ製の鋳鉄のどっしりした奴がお勧めです。ダッチオーブンは馴らしが要るのが難点だったのですが、最近はLOGICというシリーズが出ていて、2000円くらいプラスすれば、いきなり使える奴が出ています。サイズは丸鳥を入れることを考えたら12インチは欲しいです。キッチンオーブンの良い所は、上に炭とか、薪を置けない分、蓋の裏側に突起が付いていて、おいしい味を含んだ蒸気が、そこから食材にまた降りかかるところにあります。後は、料理をしたら、その中に保存しない(すぐに錆びます)とか、料理を別の容器に移したら、お湯を沸かして汚れを浮かせ、湯を捨てて、空焚きして新鮮な油を塗っておくとか、ありますが、まめなGOODさんのことですから、そんなことはなんでもないでしょう。手をかければ、かけるだけおいしい料理をほうっておいても作ってくれるようになります。つい、力が入ってしまいました(^^ゞ
by bigfoot (2007-05-28 20:58) 

bigfoot

Hazyさん
いらっしゃいませ。ハードランディングでもどーんと来い!でございます。
エアロをお探しとのこと、01年の登録が何台あるか?というのがまず問題ですね。ご存知のことと思いますが、Viggenという爆走仕様はなんと21台しか、日本に入っていなかったそうです。エアロはもちろん、それより多いにしろ、何百台の世界なのでしょうか?
乗り味の件ですが、
「轍では直進することすら困難」・・・タイヤによります。私も乗ってすぐは轍にとられまくって、さすがに215は大変だと思いましたが、タイヤを履き替えたとたん、何でもなくなりました。タイヤの硬化とか、それ自体の性格によるところが大きいです。簡単ですが、こちらをどうぞ。
http://blog.so-net.ne.jp/outbackchef/2006-02-11-1

「下品なトルクステア」・・・まったく感じません。

「時代錯誤なドッカン・ターボ」・・・以前、乗っていたFiat Uno Turbo Abarthがそれだったんでしょうね。非常にスムースでターボを感じさせないというか、踏めば踏むほど、その場でパワーを供給してくれる感じです。

'00 9-3 SEカブリオレ(白)からの乗り換えだとした場合、ゴツゴツ感は避けられないかと思いますが、いつの間にか慣れて、我が家の奥方も普通に乗り回しています。オフ会には白のカブリオレのお仲間がいっぱいいますよ。参加されることがあれば、お目にかけることもできるのですが。
by bigfoot (2007-05-28 21:51) 

good

解説ありがとうございます!!12インチですね。ちょっと違うかも知れませんが、マイフライパンとマイ中華鍋は鉄です(笑)。
by good (2007-05-28 23:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0